いとをかしな日々 12

車を30分ほど走らせたところに

りんごのまちがあります

りんごのまちには

りんごがぷかぷか浮かぶ温泉があって

すぐそばの道の駅には

この時期いろんな種類のりんごが並びます

 

りんごのおやつでは

父が生まれ育ったまちにあるお菓子屋さんの

アップルパイがお気に入り

それとおんなじくらいタルト・タタンが大好物

アップルパイはこどものころから知っていたけれど

タルト・タタンは大人になるまで知らなかった

 

タタン姉妹のタルト・タタンが食べたい

そう思い立ち、パリで電車の切符を買った

ラモット・ブーヴロンにあるタタンという名のホテルをめざして

 

ラモット・ブーヴロンは静かなまちで

駅を出ると目の前にオテル・タタンがあった

レストランを併設しているオテル・タタンでは

タタン姉妹がつくっていたレシピに忠実なタルト・タタンを味わうことができる

 

この小さなまちでは毎年秋にタルト・タタンのお祭りがあり

タルト・タタンを売っているお店がいくつもあった

行けるだけのお店をまわりタルト・タタンを堪能した

りんごの切り方、出来上がりの形、もちろん味も違っていて

それぞれのおいしさがあった

 

フランス語で「これください」を練習して

お菓子屋さんのショーケースを指さし伝えると

大きなタルト・タタン1台まるごと箱に入れてくれた

噴水のある湖畔のベンチに腰掛けほおばる

食いしん坊ではあるがさすがに食べきれず

地元の方とおぼしき白髪の紳士淑女が

少し離れたベンチで休んでいるのが見えたので

身振り手振りでおすそ分けした

すると 見ず知らずの旅人が差し出す箱入りタルト・タタンを

いいの?ありがとうと笑顔で受け取ってくれた 

Bon Appétit

 

ホテルにはタタン姉妹が使っていたオーブンが残っていた

タタン姉妹の失敗から生まれたといわれるタルト・タタン

 

タタン姉妹のレシピにはこう書かれてある

タルト・タタンはバターと上等なりんごの価値を証明する贅沢なデザートである

りんごとバターと砂糖と生地だけでつくって

タルト・タタンの本来の味をこれからも大事にしてほしい 

 

失敗してくれてありがとう タタン姉妹

 

失敗は大成功のもと

 

いとをかしな日々