いとをかしな日々 10

春に種をまいたにんじんを掘ってみたら

まるでスキップしているような

ルンルンなにんじんが現れた

そろいもそろって気分がはずんでいるごようすだ

 

 

真夏の勢いあふれる太陽の日差しでは

まぶしすぎて本を開くまでにはいかなかったけれど

おっとりした秋の光と心地いい風にふかれ

ひさしぶりに本を読んでいる

 

少し遠くの本屋さんから

注文した本と一緒にまた

小さな紙の包みに入った野菜の種が届いた

種まきのきっかけをくれた本屋さんの畑の野菜の種

また春がきたら種をまいてみよう

 

 

何年かぶりに読みかえした物語

愛おしい登場人物の日常

ある朝にんじんブレッドが食卓にのぼる

それはそれはぴかぴかのにんじんブレッド

 

食べてみたくなった

 

ルンルンごきげんなにんじんで

にんじんブレッドを焼いてみる

いままで焼いていたキャロットケーキとは違う

スパイスは効いていなし 具はにんじんのみ

ふと給食で食べたキャロットパンのあまぁいにんじんを思い出して

コロコロの角切りにしてみる

たっぷりのバターで表面がちりっとなるまで炒めるのがポイント

生地の仕上げにざっくりと混ぜ込み

型に流し入れて熱々のオーブンへ

 

ふっくらと焼き上がったそれは

とことんやさしい味がした

水切りしたヨーグルトに

メープルシロップをたらりと添えたら

ぴかぴかのおやつになった

 

 

日々自分の中のあったらいいなをおやつにしている

すんなりできあがることもあれば

何度も何度もためしては

やっとのこと

あったらいいなが あった!これこれ!になることもある

あったらいいなのその先で

どこか誰かの あった!これこれ!になっていたらうれしいなと思う

 

 

いとをかしな日々