· 

ひんやりおやつ

本日のやつどき

凍らせた果物をフードプロセッサーにかけるだけの ひんやりおやつ

 

バナナと 無農薬木いちごと 無農薬レモンをまるごとミンチにしたものをすこし

ぐるぐるぐるっと砕き混ぜるだけ

あっという間にできあがる 暑い季節のおたのしみ

 

ひんやりおやつをたのしみながら

最高のバナナジェラートを思い出す

 

ちょうどいまごろの季節にフィレンツェにいた

太陽が大きくなって近づいてきたのではないだろうか

と思わせる眩しくジリジリした日差しの中

ドゥオモを目にしながら 石畳の道を歩いた

旅の途中いろいろあって

予定にはなかったがフィレンツェに滞在することになった

イタリアといえばジェラート 

と迷いなくまっしぐらに

気がつけばジェラートづくりの門を叩いていた

旅先で見つけて申し込んだのは

午前中はイタリア語学校に通い

午後はジェラートづくりを教わる というものだった

その間キッチン・バス・トイレ共同のシェアアパートですごした

 

ジェラートの師匠は陽気な伊達男そのものだった

生徒は他におらず

1対1の贅沢な濃く深い美味しい学びの時間がはじまった

ジェラートづくりのはじまりはとても数学的だった

数種類の糖

味の決め手となる食材

水分量 食物繊維など

電卓片手に計算計算計算

この計算で編み出されるレシピが

至福の味わいと口に入れたときの絶妙な食感を決める

 

愛用していた地図に

師匠おすすめのジェラテリアの場所に印を付けてもらい

それをたよりに町をめぐった

手づくりジェラートのジェラテリアにはARTIGIANALEと書かれていると教わったので

地図に印がついていないところでよさそうな店を見つけては 

その証を探して しめしめと 汗しながら舌鼓を打った

ショーケースの前でたくさんのフレーバーを前に決めかねていると

たいてい小さなさじにひとすくい味見をさせてくれた

 

空き時間にはドゥオモ近くの図書館に通い

アパートに帰ってからはイタリア語と格闘しながらおさらいをした

 

計算しつくされたレシピをもとにジェラートづくりにとりかかる

職人用の道具は巧妙な力加減が必要だし

工程ごとの温度に気を配りながら

繊細な作業がつづく

イタリアで愛され続けるジェラートは

熟練の職人がつくりだす至福の食べものなのだと実感した

 

ミルク、いちご、メロン、ピスタチオ、チョコレート、バナナ、レモン

どれもジェラテリアさながら

それぞれバケツいっぱいくらいつくっては心ゆくまで堪能した

ジェラートは出来たてが一番おいしい

中でもバナナは期待していなかったけれど

驚くほどおいしく 何度もおかわりをした

 

イタリア語がちんぷんかんぷんな状態で質問をしては

手を焼かせっぱなしだったにもかかわらず

陽気に熱心に教えてくれた師匠には感謝しきれない

はじまりからおしまいまでたのしくてしかたなかった

こころのなかに情熱が沸いたのは

あつすぎる太陽と師匠のおかげ

 

 

いとをかしな日々